オセロクイズサイト

おせろく

導入

一方向返しを心がけよう

更新日:

注意!

この記事の例は少し分かりづらく不適切なので後ほど書き換えます。

申し訳有りませんが、流し読みで要点だけおさえていただけると嬉しいです。

オセロは打てる場所の数で有利不利が決まるとお伝えしました。

そこで自分の打てる場所を減らさない方法として「一方向返し」を紹介します。

一方向返しとは

一方向返しとはその名の通り、一方向の石だけを返す打ち方のことを言います。

一方向だけ返すので、選択肢がなくなりづらく、理にかなった手になりやすいです。

具体例で見てみましょう。

これは、僕の動画で出てきた試合です。

動画を表示する

あなたは黒の立場です。

b6とc6だったらどちらがいいと思いますか?

黒番

答えはb6です。

b6が一方向返しなのに対し、c6は二方向返しています。

実際に少し進めてみましょう。

黒b6の場合(一方向返し)

黒c6の場合(二方向返し)

一見似ていますが、違いが分かりますか?

b6の一方向返しでは、左側をb6→c6と二回に分けて打っています。

それに対し、c6の二方向返しでは、c6の一回で打ちきってしまっています。

これが大きな違いです。

オセロは節約をするゲームです。

2回に分けて打てる場所は出来るだけ分けて打ったほうがいいです。

c6のような悪手のことを「手損(てぞん)」と言います。

正確には1手損ですね。

もう一度b6とc6を比較してみましょう。

黒b6の場合(一方向返し)

黒c6の場合(二方向返し)

黒b6から打った場合、白がe2を打って黒番になっています。

しかし、黒c6から打った場合、同じような局面で白がe2を残して黒番になっています。

(一手分の損をしたのでこのような結果になっています。)

この違いが実はすごく大きいのです。

白はe2を残しているので打てる場所に余裕を持って試合を運べていると言えます。

最初はピンとこないかもしれませんが、一方向返しを心がけると打てる場所を一気に減らさず節約して試合が運べるのです。

実戦で使うことで実感してもらえると思います。

やることは簡単です。

一方向で返すようにしましょう。

まとめ

  • オセロは節約のゲーム
  • 一度に打たずに2回に分けて打つ
  • 一方向返しなら自分の打てる場所を一気に減らさないで済む

一方向返しを心がけ、打てる場所を節約するように心がけましょう。

次回は自分の打てる場所を増やすことができる「中割り」という技を紹介していきます。

中割りを身につけよう

導入一覧に戻る

広告

広告

-導入

Copyright© おせろく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.