オセロクイズサイト

おせろく

ラスクのつぶやき

変則ルールのオセロ紹介

投稿日:

皆さんこんにちは、ラスクです。

毎日更新5日目です。

この時期は花粉症の方が大変そうにしていますね。

花粉症の方はね、食品添加物を避けた健康的な食生活を送るだけでも症状が緩和するらしいですよ。

お菓子や甘いものを避けると良いらしい。

お試しあれ~。

 

本日は変則オセロをいくつか紹介していきたいと思います。

オセロには魅力的な変則ルールがたくさんあります。

面白そうなルールがあったら皆さんも遊んでみてください。

スポンサーリンク

広告

こんなにある、オセロの変則ルール達

まず、箇条書きで紹介します。

  • xot
  • 負けオセロ(ロセオ)
  • グランドオセロ
  • オクト(ビンゴオセロ)
  • 10秒オセロ
  • ボセロ

どれも面白いのでオススメです。

一つずつ見ていきましょう。

xot

まずは有名どころから。

xotは、ランダムに8手打たれた互角局面から対局が始まるルールです。

通常のオセロと違って暗記に頼らない実力勝負の対局になるのが魅力です。

また、時に通常ではあり得ないような奇抜な局面から始まることも多く、刺激的な対局がしたい人には打って付けです。

関連動画↓

【オセロ実況】ランダムな序盤から始まるオセロで遊んでみた #1【PlayOK1分xot】

負けオセロ

通常のオセロは最終的に石が多い方の勝ちとなりますが、負けオセロではこれが逆で石が少ない方の勝ちになります。

つまり負けるが勝ちのルールですね。

「オセロ」の逆なので「ロセオ」と呼ばれたりもします。

これもなかなか奥が深く、通常のオセロとは違った戦略性が求められます。

僕は通常のオセロよりも負けオセロの方が奥が深く難しいのではないか、とすら思っています。

「私はオセロが弱いから負けオセロは強いだろう」という考えは残念ながら間違っていて、結局負けオセロが強い人はオセロが強い人です。

コツは相手の手を制限することと、自分の確定石を作らないようにすることです。

関連動画↓

【オセロ実況】負けるが勝ち!最弱オセロAIに有段者が挑戦してみた!

グランドオセロ

通常のオセロ盤は8×8ですが、グランドオセロでは10×10のオセロ盤を使います。

昔からあるルールで結構有名だと思います。

僕はやったことないので分かりません。

eOtelloなどで遊べるみたいです。

カウンティングが大変そう

オクト(ビンゴオセロ)

ここからは少しマイナーな変則ルールです。

オクトは自分の色を縦横斜めのどれか一列に揃えたらその時点で勝ち、というルールのオセロです。

8石並べたら勝ち、ということでラテン語で8を表すオクトと呼ばれています。

ルールがシンプルで分かりやすいので、普段オセロを打ち慣れていない方にもオススメのルールです。

ただし、結構見逃しによる一発KOが多いです。

それありきで時短で打つのが楽しいと思います。

10秒オセロ

その名の通り、持ち時間が10秒のオセロです。

あいめさん発祥でミラティブのオセラーの間で流行ったルールです。

1秒で何手も打てるオセロクエストだからこそできるルールです。

オセロは全部で30手なので1秒で3手打たなくてはなりません。

毎回相手の手を見てから手を決めていては時間が足りないので、打たれる場所を予測するスキルが必要になります。

特に、辺のつけに対応するのが至難で、ウィングに当てて隅を狙うという初心者のような行為がこのルール独自の手筋として存在します。

ボセロ

ラストボックスを打った方が勝ちのルールです。

頭文字の「ボ」は、ラストボックスの「ボ」を取っているのだと思います。

いとけんさんの配信が発祥みたいです。

 

変則ルールの魅力

他にも、 作ろうと思えばいくらでも変則ルールを作れます。

元がシンプルなので、ルールを加えやすいのがオセロの強みだと思います。

僕は結構大真面目にオセロの未来は変則オセロが担っていると思っています。

通常のオセロは「ソフトが強すぎる」、「暗記の比重が大きすぎる」ことが無視できないデメリットになりつつあると僕は思っています。

変則オセロはそれを解決する突破口になるのではないでしょうか。

(これは僕個人の勝手な見解です。)

スポンサーリンク

広告

変則ルール案

変則ルールを考えてみるのも面白いと思います。

NGオセロ

  1. 打つたびにNGマスを1箇所指定する。
  2. 相手はNGマスに打つことが出来ない。

というルールです。

ごぼうさんに教えていただきました。

オクトやボセロは勝つためには自然と手が制限されますが、このルールは直接的に制限を加える、というものです。

相手が隅を取れる状態の時に、NGマスとしてその隅を指定すれば相手は取ることが出来ません。

勝つためのコツはNGの場所を作りすぎないことです。

NGマスは1箇所しか指定できないため、複数ケアすべき場所を作らないことがポイントになります。

乱数オセロ

打つ列だけを指定して、行はランダムに決められるというルールです。

僕が考えました!

どの変則ルールでも結局はオセロが強い人が勝ちますが、このルールはかなり運の要素が強いです。

僕は運が絡む期待値ゲーが結構好きで、このルールのプログラムを作りたいというモチベもあって、最近プログラミングなどを勉強しています。

僕が作りたいというこだわりもないので、どなたかプログラミングに詳しくて余力のある方にはぜひ作っていただきたいです。(他力本願)

 

以上!

皆さん、面白そうなルールはありましたか。

興味を持った方はぜひ遊んでみてください。

僕のミラティブ配信で、「このルールで友達対局をお願いしたいです」とコメントして頂ければ、(その時の気分次第ですが、)お受けできると思います。

 

本日はこれで終わります。

では、またね。

 

おまけ

他にも縦横リバーシというはせらさんが作られたプログラムがあります。

縦・横方向のみ返せて、斜めが返せない、というルールのオセロです。

こちらから遊べるので気になる方は挑戦してみてください。

縦横リバーシ

関連動画↓

縦と横にしか石を返せないオセロが難しすぎた...!【タテヨコリバーシ】

広告

広告

-ラスクのつぶやき

Copyright© おせろく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.