オセロクイズサイト

おせろく

ラスクのつぶやき

playokで打っていた時の話

投稿日:

皆さんこんにちは、ラスクです。

今回は先日の記事の続きです。

僕のオセロの原点、アメーバピグの話

皆さんこんにちは、ラスクです。 本日は僕がオセロを始めて強くなっていく話、アメーバピグでの出来事を書いていこうと思います。 自分語りの記事になってしまうと思いますが、ご了承ください。   ア ...

続きを見る

僕が(本格的に)オセロを始めてから1年~4年ぐらいのことを振り返ろうと思います。

主戦場だったplayokの話がメインになります。

スポンサーリンク

広告

playokに挑戦

アメーバピグでオセロを知り、1年かけて強くなりました。

レートは3000になり、レベルの低いアメーバピグではなかなか同レベルのプレイヤーと打てません。

そこで僕はレベルが高いと言われていたplayokのオセロに挑戦することにしました。

上には上がいる

何回か打ってレートが安定した時、僕のレートは1700程でした。

playokではレートによってランクの色が決まっていて、

1200

1200

1500 黄色

1800 オレンジ

2100

となっています。

当時の僕は黄色で、playokにはオレンジのプレイヤーもたくさんいました。

やはり上には上がいるのだなと、それもたくさんいるのだなと思い知らされます。

ピグにいた頃の僕は、世界でオセロの強さランキングをつけたら自分は100位ぐらいだろうと自負していました。

しかし、playokでプレイすることでその見積もりは甘いと知り、自分の弱さをマジマジと見せつけられます。

まさに井の中の蛙大海を知らず、ですね。

 

神々の戦いを見る

そして、ついに僕は神々の戦いを見てしまいました。

playokのオセロにおいて、赤レートプレイヤーは異常な強さを誇っています。

そんな赤レートのプレイヤーが度々1xotで連戦していたのです。

kiraさん、ruruさん、foompykattさんなどがよく打っていました。

その対局はまさに神々の遊びに見えました。

僕が持っていた狭くて頼りない固定観念を逸した手の数々。

僕は見ていてほぼ理解出来ませんでした。

特にkiraさんの手は意味不明でなぜそれで勝てているのか不思議でした。(今でも意味不明だけど笑)

何度か対局させて頂いたこともありますが、全く歯が立ちませんでした。

当然悔しい思いをしましたが、新しい目標が見つかり、もっと強くなりたいというモチベーションにも繋がりました。

 

1xotで練習する

それから3年程、僕は主にplayok1xotでオセロを打ちました。

成長が緩やかになったこともあり、最初の一年ほど熱心に打つことはせずに緩くやっていました。

なぜ1xotなのかというと、一番の理由はそのルールが人気だったからです。

playokはテーブルを作った人が自由に持ち時間やxotの有無などを設定できます。

たまに通常の3分持ちのテーブルを作ることもありましたが、不人気なのでなかなか相手が来てくれないのです。

しばらくすると、オレンジに届くことも増え、かなり地力が付きました。

スポンサーリンク

広告

DroidZebraを活用する

playokで打っていたのは僕の高校時代でした。

僕は高1の夏に、念願のスマホ(Android)を入手します。

(家族は皆iphoneでしたが、当時iphoneで使えるオセロの解析ソフトがなかったため、僕だけAndroidを買ってもらいました笑)

すぐにDroidZebraをダウンロードして、スマホでソフトを使えるようにしました。

playokで打つ以外にもこのゼブラでよくオセロをしていました。

隙間時間でゼブラと対局したり、研究したりしていました。

趣味はゼブラ同士の対局の観戦

DroidZebraには自動でゼブラ同士に戦わせる機能があって、それを観戦することにハマっていました。

休み時間に一人、ソフトが打ち合うオセロをただ眺めていました。(めっちゃ悲しいし、変人すぎる)

 

オレンジレートになる

playokでの対局と、変態的なゼブラ愛でついにplayokのオレンジレートにたまに届くようになりました。

特に中盤が得意で、この頃の中盤力は今とさほど変わらなかったと思います。

今のオセクエの22502300ぐらいの実力でしょう。

 

playok紹介

今回もせっかくなのでplayokの紹介を軽くしたいと思います。

海外のプレイヤーが多い

チャットがあるのですが、英語で話されることも多かったです。

対局前にはgl(good luckの略)、対局後にはgg(good game)、連戦終了時にはty(thank you)やthx(thanks)とチャットするのが通例でした。

連戦を終了したい時は、「last plz」と書きます。(plzpleaseを意味するスラング)

日本人同士でもこれらの英語で済ませることも多く、実際どれぐらい海外プレイヤーがいるのかは謎です。

独特な打ち回しの人が多い

固定観念にとらわれない柔軟な打ち回しをする人が多いです。

全体的に種消しや辺取りが好きな人が多いような気がします。

今でもたまにplayokで打つことがありますが、やはりこの傾向は感じます。

オセロクエストの2100playok1600は強さとしては同じぐらいなのですが、オセロクエストプレイヤーの方が堅実でplayokプレイヤーは奇抜です。

連戦が当たり前

連戦するのが当たり前です。

數十分打つのが苦ではない人も多く、大抵こちらが疲れて終了を提案します。

先程紹介したトップの赤レート達も數十分どころか数時間対局し続けたりする変態プレイヤーです。

 

以上!

本日はオセロ歴1~4年頃のplayokメインで打っていた時期の話をしました。

最初の1年よりは緩く打っていましたが、地道に継続していましたね。

xotがメインで序盤研究の必要もなく、終盤演習もしていなかったので、ほぼ実戦メインでマイペースに楽しくやっていました。

 

いずれオセロクエスト編も書こうと思います。

お楽しみに!

広告

広告

-ラスクのつぶやき

Copyright© おせろく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.