オセロクイズサイト

おせろく

ラスクのつぶやき

相手の変化に最善で付いていくか否か

投稿日:

皆さんこんにちは、ラスクです。

 

毎日投稿を終えてから初めての記事になります。

現在、自分の中で動画制作よりも記事執筆のモチベーションの方が高いので、これからもコンスタントに投稿していくと思います。

 

さて、本日は序盤の定石をテーマに書いていきます。

オセロを極めていくと序盤の重要性が分かってきます。

最近僕自身が定石を見つめ直しているというのもあり、その中で考えたことを共有したいと思います。

 

今回の議題は「相手の変化に対して最後まで最善でついていくか否か」です。

皆さんも一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

基本的に高段者の視点で書いていきます。(僕は低段者だが

スポンサーリンク

広告

相手の変化にどう対応するか

大きく分けて二つのやり方があります。

  • 最後まで最善でついていく
  • こちらから変化する

ちなみに僕は基本的に最後までついていく派です。

しかし、最近こちらから変化することを考慮し始めています。

それぞれメリット、デメリットがあります。

 

最後までついていくメリット

  • 暗記で完封できる(相手も暗記していたとしてもこちらが勝つ)
  • 究極的にはこちらの方が強い(面白いかはさておき)
  • 暗記さえ深めればずっと使える

最後まで暗記でついていければノーリスクで勝てる、これが一番のメリットでしょう。

また、暗記切れで負けたとしても、振り返って暗記を深めていくことで自分のbookが強固なものになっていきます。

僕はもともと、「-2,-4までの定石は全て暗記して完封する」というプレイスタイルを目指してオセロクエストでトライアンドエラーを繰り返し序盤を強化してきました。

最近はそれに限界を感じてきていてプレイスタイルを見直しています。

 

最後までついていくデメリット

  • 相手の土俵で戦うことになる
  • 完全暗記試合はなかなか起こらず、難易度が高い。
  • 差がつきにくい(特に格下相手)

変化する側は覚えるべき進行が一段階少ないため、その進行に詳しい可能性が高いです。

付いていくにはその進行について相手と同等以上に詳しくないといけません。

つまり、相当熱心に序盤を鍛える必要があるということですね。

そして熱心に勉強したとしても、それを発揮して完全勝利できる機会というのはあまり訪れません。

逆に中途半端に付いて行って、終盤でミスって逆転というケースも多いです。

しかも相手は当然こちらに難しい選択を迫る定石を積極的に採用しているので間違いやすかったりするんですね。

また、格下相手に差がつきにくいというデメリットもあります。

(格下という表現が好きではない方はごめんなさい。)

 

こちらから変化するメリットとデメリット

相手の変化に対して、最善でついて行かずにこちらから変化を被せる場合はどうでしょうか。

メリットはこちらの土俵に持ち込めることで、デメリットは暗記で完封できる機会を逃しているところでしょう。

自分から変化する場合と違って、相手がすでに悪手を打っているので変化の幅が広がります。

しかし、相手の変化に対してそれぞれ用意する手間がかかり、それに対して効果が薄いという点はデメリットと言えます。

また、「-4の相手の変化に対して2石損の自分の変化をすることで+2の状態をキープしつつ自分の土俵に持ち込む」という方法ならば両方の良いところ取りができるかもしれません。

(これをされてしまうので-4以下の変化を使いこなすのは難しいです。)

スポンサーリンク

広告

どちらが良いか

さて、どちらのプレイスタイルが良いのでしょうか。

僕が推奨するのはハイブリット型です。

定石によって使い分ける

定石の中には暗記で受けきることが難しい変化定石があります。

僕がパッと思いつくので三つあります。(言うと打たれるので言いません笑)

そのような定石には意固地になって最善でついて行かずに有力な変化を探したほうが賢明でしょう。(僕はいまだに踏ん切りがついていないが

一方で案外受け切りやすい定石もあります。

僕の場合だと酉アッパーがその例です。

酉アッパーはほとんど付いていくだけで勝てます。(こんなことを言うと打ってくれなくなるかもだけど)

このような定石は無理に変化しなくてもいいでしょう。

人によって使い分ける

先ほどチラッと言いましたが、相手が自分より棋力が低いと思われる場合はより変化する意味が強まります。

相手の土俵を早く抜け出して読み勝負に持ち込んだ方が差が生まれやすいからです。

最善受けをしている定石でも、変化を用意しておくと便利かもしれません。

例えばうさぎ定石などがいい例だと思います。

うさぎ定石はオセクエ黄色レートのプレイヤーでも終盤近くまで覚えていることがあります。

格上に打たれた場合は最善で付いていき、格下の場合は早めに変化する(ラルなど)、といった感じで使い分けることが有力だと思います。

(と言いつつ、僕はまだ模索中でそのような定石はほぼ使っていません。)

 

以上!

僕も「最善暗記~はい、知ってます~(Pさん風)」から「ハイブリット型」へ少しずつ移行しようと思います。

序盤は突き詰めると本当に難しくて奥が深いですね。

 

さて、ブログの方ですが1週間に1記事のペースでの更新を目標にしております。

また1週間後、お会いしましょう。

またね。

広告

広告

-ラスクのつぶやき

Copyright© おせろく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.